神道式とキリスト教式のお墓の特徴

神道では死は穢れとされています。そのため通常の場合では、鳥居の内、神社の敷地内に墓地はありません。お墓を建てるためには、公営や民営の墓地を取得することになります。民営墓地の場合、宗旨の規定などから神道式のお墓が建てられないこともありますので、事前に確認しておく必要があります。また最近では、神社が事業主体となった神道専用の墓地もできてきています。神道式のお墓の構成は一般的な和型墓に似ていますが、形はいわゆる神道式といわれるものが多く見られます。棹石は角柱型で上のほうがやや細くなり、上部はとがった角兜布型が特徴です。神道ではお線香を供えることはないので香炉は置かず、供物を供える『八足台』と呼ばれる台を置きます。仏教式のお墓の墓誌にあたるものは霊標と呼ばれます。一般に、神道式の家墓では、棹石の正面に『家奥津城』または『家奥都城』と刻みます。

これは神道でお墓を意味する言葉です。埋葬された故人は、その零号が墓石の側面に刻まれます。零号は仏教の戒名にあたるもので、故人の姓名につづけて『命』『大人』『刀自』などの称名をつけてあらわします。墓石の側面に入りきらない場合は、霊標に刻んだりします。一方、キリスト教式の場合ですが、まずどこにお墓を建てるのか、墓地を決めることから始まります。キリスト教では、教会が独自に墓地を所有していたり、教団が地区ごとに墓地を所有していることが多いです。カトリックの教会では納骨堂を備えている場合もあります。所属する教会、教団に墓地や納骨堂があればそこを利用することが一番に考えられます。教会、教団に所有する墓地がない場合や、あっても遠い場合には、公営や民営などの墓地を探し、利用することになります。その場合は宗旨を問わずお墓が建てられるのか、墓石の規定があるかなど、事前にしっかり確認してから取得することが大切です。キリスト教では、個人墓が基本ですが、最近では家墓も見られるようになってきました。墓石の形や付属品には特に決まりはなく、自由に建てることができます。芝生の中に高さの低いシンプルな墓石を建てる場合が多く、洋型墓石もよく見られます。

また、墓石ではなく十字架を建てることもあります。刻む文字にも決まりはありません。十字架や聖書の一節、好きな言葉などを刻んだものが多く、個人の洗礼名(クリスチャンネーム)を入れることもあります。家墓として家名を刻んだものも見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*