新しくお墓を建てたときの納骨式

新しくお墓を建てたときには納骨式があります。多くの場合では、四十九日や一周忌法要の納骨に合わせて完成となります。そのため、追善法要、お墓の開眼法要、納骨式を一緒に行うのが一般的です。すでにお墓がある場合には、追善法要と納骨式を行います。お墓があっても開眼法要が済んでいない場合には、納骨式の前に開眼法要を営みます。納骨式はあまり大げさにはせず、故人の近親者、親戚とごく親しい友人で行います。日時が決まったら、案内状を送って参列をお願いすることになります。日程は、菩提寺の僧侶と相談のうえで決めます。一周忌法要の日に開眼法要、納骨式を行う場合には、寺院の本堂で一周忌法要を行い、そのあと墓地に出向いて開眼法要、納骨式を行います。納骨の際には、拝石やカロートの蓋を動かしたりするので、事前に墓地の管理事務所と石材店に連絡して準備してもらいます。

石材店には、墓石か墓誌へ戒名の彫刻なども依頼します。納骨法要に必要なものとしましては、遺骨、遺影、位牌、埋葬許可証、墓地の使用許可証、印鑑、線香、供花、供物、寺院への謝礼など、引き物です。このうち、寺院・僧侶への謝礼は、白封筒で用意し、法要が始まる前に、施主が渡すようにします。謝礼にもいくつか種類があります。まず『御布施』は読経への謝礼になります。一周忌に開眼法要と納骨法要を行う場合には、御布施も一周忌法要に上乗せします。控え室なども使わせてもらう場合には、その使用料も考慮します。5万円~10万円が相場と言われます。寺院や地域によっても違いますので、石材店に相談したり直接寺院にたずねておくと円滑に進みます。次に『御車代』です。これは寺院と墓地が離れている場合に必要になります。1万円が目安となります。また、『御膳料』もあります。これは僧侶が会席に欠席する場合に必要になります。1万円~2万円が目安になります。また、石材店への謝礼もあります。納骨法要では、通常石材店や墓地の管理者にもお礼を包みます。表書きは『志』とし、金額は1万円前後が目安になります。納骨式の当日には、これらの必要なものを持参しますが、遺骨は故人の配偶者か、配偶者がいない場合には故人と最も血縁の深い人が運びます。

遺族は喪服を着ます。本堂で、一周忌などの法要ののち、墓前に移り、開眼法要、納骨式を営みます。納骨式では、施主または遺族代表が遺骨をカロートに納めます。墓前に祭壇を設け、読経、焼香して供養します。そして式後に会食となります。これが納骨式の流れになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です